カリギュラプレイ記② キャラシナリオ〜シナリオクリア



カリギュラのプレイ記の続きです。


前回までのプレイ記(紹介も兼ねた)

カリギュラプレイ記①


カリギュラ、ちまちまプレイし続けて、ようやくエンディングを迎えましたー!

20160831202457dfe.jpeg


発売前から何か感じるものがあったとはいえ、思っていた以上に面白かったです!
地味に今年のダークホースかもしれない……


※このゲームをこれからプレイする際は、最初に必ずアップデートしときましょう。






世間の評判も概ね好評で、売れてるみたいなので、なんだか嬉しいですね。

そんな好評を受けてか、
最近カリギュラの公式HPの情報でも、

ノベライズ化!
ムック本発売!
サントラCD発売!
フィギュア発売!

とグッズ展開がなかなか熱い!




個人的に欲しい順は……

ノベル > サントラ > ムック本

ですかね〜
どれも気になりますが、流石に全部買う余裕は無いかな……

でも! エクストリーム帰宅部や4コマアンソロが出たら買いたいw









***








☆キャラクターシナリオについて


2016083120253552f.jpeg


帰宅部の仲間達と親密度を上げると、キャラクターシナリオと呼ばれるキャラ個別のストーリーが発生する。

相談を持ちかけられることから始まり、悩みを一緒に解決して信頼関係を結んでいくことで、そのキャラが心の奥底に隠している悩みや裏の顔(メビウスにやってきた原因)が徐々に明らかになっていく。

その人の心の、一番触れられたく無い箇所に触れる内容(=カリギュラ効果を体験する)なので、ある意味メインストーリー以上にこの作品の核となる部分かもしれない。


帰宅部メンバーみんな好きだけど、美笛と鳴子と笙悟と維弦が特に好き。



動画:公式のプレイ動画:キャラシナリオ編







キャラシナリオは是非実際にプレイして体験するのが一番だと思います!(宣伝)


なるべくネタバレにならない範囲で、各キャラクター(帰宅部の仲間)の心の奥に踏み込む前後の印象の変化を書いてみました。





■柏葉 琴乃

前→おしとやかで優しい、みんなの憧れのお姉さんキャラ。

後→実はなんとなく予想していたので、「やっぱり……」という感じで。
彼女の苦労や苦悩を考えると辛い……
でも、前向きに自分の罪と向き合おうとする姿はやっぱりカッコ良い。強い。


■巴 鼓太郎
前→かなりの単純思考で短気な上にトラブルメーカーなので、結構ウザったい。弄られ役でもあるけど、根は良い奴そう。

後→帰宅部の中でも、かなり過去が衝撃的でした……
彼はメインストーリーでのウザさが際立つ分、好きになった時の振れ幅が一番凄かった。凄く良い子。


■響 鍵介

20160831210523800.jpeg


前→大人になりたくない、ピーターパン症候群。カギP(元・楽士)
世の中を斜に見ている生意気なイマドキの若者w

後→衝撃の事実!……というものは特に無かったけど、甘ったれだった健介が、自分のすべき事を自分で考えて、大人になろうとしている姿は、頑張ってるなぁ……!と成長を感じて感動。


■篠原 美笛
前→明るく元気でムードメーカーな女の子。食べることが大好き。しかし何故か『太った人』に対しては、異常なまでの嫌悪感を示す。

後→心に踏み込んで、それまでの行動に納得。想像以上に深刻な状態らしいのが辛い……母親とのエピソードは泣いた。
彼女が現実でも笑顔で過ごせるようになりますように!



■神楽 鈴奈
前→静かで大人しく、他人に対しておどおどしている様な人見知りの女の子。巨乳。

後→他の子達と比べると実に良くある悩み。訓練の様子はほのぼのしたw
でも選択肢のせいなのか、最後はヤンデレ気味になってしまった……;


■守田 鳴子
前→SNSでの人気取りの為なら何でもするパパラッチ気質の女の子。お喋りで好奇心旺盛。他人に対しても物怖じせずに接する。

後→紛いなりにもネット上で創作活動をする人間なら身につまされる闇……
でも、徐々に創作の本当の楽しさに気づいていく鳴子に心からエールを送りたい!

2016083120250887e.jpeg


■峯沢 維弦
前→クールで他人を寄せ付けない雰囲気を持つ絶世のイケメン。何故か自分の顔に対して異常な程の嫌悪感を持っている。

後→案外生活力が無くて天然な維弦君の日常はギャップがあって、見てるだけで面白いw
問題を起こしながらも様々なチャレンジしていく維弦君を暖かく見守りたい。



■佐竹 笙悟
前→帰宅部の元リーダー。落ち着いた大人の雰囲気。現実に帰りたいという執念は人一倍で、メンバー達の気持ちを常に支えている。

後→予想以上に、ある意味メンバーの誰よりもどーしようもない人。でもその分だけ、罪を背負って苦しんでもがいてる。頑張る姿を見守ってあげたいw





☆ここから本編




メインストーリー
6章〜最後まで



帰宅部のみんなの、『理想の世界を捨ててでも現実に帰りたい』という決意も凄く立派だけど、楽士達の『意地でも現実には帰りたくない』って気持ちも凄く分かるんだよなぁ……

どちらかが正しいって訳じゃない。
本人達の現実で味わった辛さを思えば、軽々しく説教なんて出来っこない。

けども、両者共に譲れない想いがあるから、ぶつかるしかない。





※ネタバレ注意!!!




↓↓↓







続きを読む
スポンサーサイト

学校であった怖い話が21周年!素晴らしい動画と思い出語り


どうも。


蒸し暑い日々が続く……こんな時期になると、ふと思い出すゲームがあります。

それが……


『学校であった怖い話』

167001093 (1)


1995年8月4日にバンプレストから発売されたSFCのホラーサウンドノベルです。


21年経った今もなお重症熱烈なファンがいる超名作ホラーゲームで、私自身もこのゲームの大ファンだったりします。


現在、Wii、WiiU のバーチャルコンソールで初代『学校であった怖い話』が、
PSvita、PS3のゲームアーカイブスでリメイク版『学校であった怖い話 S』が、気軽に購入できます♪

バーチャルコンソール(WiiU)版『学校であった怖い話』公式サイト

ゲームアーカイブス版『学校であった怖い話S』公式サイト




今回は、(21周年にちょっと出遅れてますが……)このゲームの熱烈なファンの方々が作られた素晴らしい動画と共に、自分もド嵌りしていた当時の思い出に浸ってみたいと思いますw

(ページが重くなるのをお許し下さい……)




学校であった怖い話21周年記念!
有志のファンによって、待望のボイスドラマ化!!!




学校であった怖い話の紹介(&キャスト紹介)



学校であった怖い話のプロローグ、主人公『坂上修一』の語りを丸ごと一話



これらの動画ですが……

ものすごくクオリティが高いです!!

キャストの方々の語りの上手さもさることながら、効果音や、全て手描きの画像等どれも手が凝っていて……

もうこれは、しか感じない出来としか言いようがありません!
感動しました……


学怖ファンは勿論、

「ホラー好きorこのゲームに興味がある」方は、是非とも視聴をオススメします♪


ボイスドラマなので、作業しながら聴けるのもいいですね!
一ファンとして、続きが楽しみでなりません……!








***




~学怖との出会い (全ての始まり)~


私がこのゲームを知り、そして嵌ったきっかけは、とある実況動画……

『学校であった怖い話に屈しない』


(少なくともニコ動での)学怖ファンの大多数は知っているのではないか?
と思うぐらいにはファンの間では有名な学怖実況動画です。


「なんでpart1じゃなくてこの回?」

とのツッコミがありそうなんで述べておくと、


「この動画が私と、『学校であった怖い話』との最初の出会いだからです!!」


怪しいサムネにホイホイされて、好奇心で見た結果がこれだよ!!
(この実況シリーズがきっかけで、ゲームの大ファンになりました☆)

いやぁ……いつ見ても面白い……ゲームも勿論好きですが、この実況も大好きです。








~大好きな学怖動画紹介~


(主にニコ動で)多くの学校であった怖い話のファンメイド動画!
未だに、時々ふと思い出しては良く視聴してます。
正直、好きなものが多すぎて紹介しきれませんが……学怖の(ファン達の)雰囲気が伝わるもの中心に。


元のゲームは一応ホラーゲームなんですが……動画ではカオスなネタ盛り盛りで思い切り笑えるものが多いですw
まぁ、元のゲーム内容も結構シュールで笑えるから、仕方ないね。




新堂「スポーツはいいぞ」
ある意味ファンの中で伝説になってる動画。
意味不明な内容なのに、謎の中毒性があるのが卑怯w





学怖で嘘字幕シリーズ。
学怖の内容を面白おかしく紹介してるので、特に学怖を知らない人に見てもらいたい動画!
オススメのストーリーも紹介してるので、既プレイの身としては思わず「あるあるw」と突っ込みたくなるw







学怖のストーリー(アパシーを含む)のメドレー風替え歌。重度なファンほど楽しい動画。
動画と替え歌(ネタ)の完成度は勿論、もうとにかく……

聴くだけで、何故か元気になりますwww

なんとなく元気が出ない時、これを聞いて元気を貰ってます!!大好き






20周年記念時のお祝い動画。
学怖の一番人気シナリオ『殺人クラブ』をテーマにした替え歌メドレー。

この動画が投稿されたことに、一体どれだけ感動したことか……!






みんな大好きカリスマ溢れる日野様カオスMAD☆
もはや何回見たのか覚えていない……






ネタ&クオリティ共に衝撃作。
新堂さんは何処へ行こうというのか……ww






とにかく語り部たちが可愛い。
もう、可愛いとしか言えない可愛さ。






学怖の世界観と『殺人クラブ』の魅力が凝縮されたような手描きMAD。
ホラーな雰囲気でありながらも、クスッと笑える。そして感動……







いくつかのお気に入り動画を上げてみましたが……
学怖は本当に良いものですね!

正統派ホラーな話から、カオスで笑える話、悲しく感動的な話……
バラエティー豊かで濃厚な話が楽しめるところが好きです。
それに加えて、登場人物のキャラが濃い所ですかねw


【特に好きな話】

『殺人クラブ』(新堂7話目)

ファンの中でも屈指の人気を誇るシナリオ。
本当に怖いものは、幽霊なんかでは無く、生きた人間だということを実感できる話。
主人公の絶望感からの熱い展開に感情移入が半端ないです!
でも、初見クリアはほぼ無理なんじゃないかと思う位難しいw

『人形の生贄』(荒井7話目)
語り部の中でも大好きな荒井君の話。
取り憑かれたら最後、必ず死ぬという呪いの人形に取りつかれた主人公の運命は……
作中でも最怖レベルに怖い話ですが、最後は切ない……

『スンバラリア星人現る!』(隠し・風間7話目)
とにかくカオスで頭がおかしい(いい意味で)としか言いようのないシナリオ。
なんで学校であった怖い話を聞きに来て、宇宙人が出てくるんだ!?
……風間だから仕方ないね!
▷ とりあえず踊ってみる。

『早苗は僕の婚約者!?』(隠し・福沢7話目)
突然女の子に求婚されたかと思いきや……?
語り部全員を巻き込んだ、愛憎入り混じるまさかの修羅場シナリオ。
怖いながらも、語り部たちそれぞれの性格が出ていて面白いw
あと、日野さんはガチh(

『荒井と風間の喧嘩』(隠し・荒井5話目)
真面目に怖い話をしようとしない風間に対して激しい怒りをぶつける荒井君。
喧嘩は徐々にヒートアップしていき……?
荒井君の不気味で不思議な魅力が詰まったシナリオ。
でも、とあるルートでの可愛い姿は必見w

『仮面の少女』(隠し・細田7話目)
怖い話をした語り部が、一人づつ順番に消えていく……
このゲームの集大成ともいえるシナリオ。
恐ろしく、そして切ないラストは、何故か哀愁を感じさせます。





もっと語りたい気持ちは沢山ありますが、語りだすと止まらなくなりそうなので、とりあえずこれくらいにしておきますw


この先もずっと、学校であった怖い話が愛されることを願っています。





全く知らない中古の格安ゲームをチョロっとプレイしてみた!



どうも。
毎日死ぬほど暑すぎて、外に出たく無いです。
インドア万歳!

今回は……



せっかくだから、俺はこの(地雷臭のする安い)ゲームを選ぶぜ☆


というノリで適当に選んだ安いゲームを、友人の柑ちゃんと、交代しながらプレイしてみた。



※今回プレイしたゲームは、以前和歌山の個人ゲームショップで買ったもの。

以前の記事↓
和歌山の個人ゲームショップを覗いてみた





ひとつめ

『TVDJ -ティービィディージェー-』

ジャンル:音楽ゲーム
機種:PS2
発売:ソニー
発売日:2000年6月29日


201608232250506d3.jpeg


中古100円。
PS2初期のタイトルらしい。
……中古店でよく見るw


潰れかけのTV局のディレクターになって、番組を作り、視聴率トップを目指すゲーム。




リズムに合わせて決められた枠の中で自由にボタン押して番組を作っていき、不規則にボタンを選べば、それだけ視聴率が上がるらしい(良く分かってない)

20160823232746c13.jpeg
カートゥーン風のポリゴンキャラがフルボイス付きで(しかも結構有名声優)コメディ展開していくのは見てて面白いw



ただ、リズムゲームとしては単調過ぎるし、爽快感が全然無いのがちょっとアレかな……
そもそもリズムに乗ってる感覚が薄い。

最後に、作ったムービーを通しで見られる(リプレイ)けれども、これがまたシュールww


こんなので視聴率が取れるわけ無いッ!


(2話目までクリアして)
遊べないわけじゃ無いし、着眼点は悪く無いんだけど色々惜しい作品って感じ。









ふたつめ

『タイニーバレット』
ジャンル: 冒険アクション
機種:PS
発売:ソニー
発売日:2000年4月13日


20160823225102407.jpeg

中古200円。

可愛いキャラの3Dアクションアドベンチャーゲーム。
洞窟の中をうろつく敵を倒したり、謎解きしながら探索していく。
民族調っぽいゲーム音楽は凄く好み。



しかし……難易度:かんたん
でプレイしてるはずのなのに、序盤から大苦戦してました!



20160823232735ac8.jpeg

操作は所謂ラジコン系……って言うのかな?
十字キーの左右でその場でぐるぐる回転して方向決めて、上キーで前進するというタイプ(下は後ずさり)

このタイプの操作は初めて触ったので、これは慣れるまではキツイ!
突然敵が襲ってきた時はもう焦ってメチャクチャでしたw
逃げるのすら大変;


あと気になるのは、とにかくカメラワークが酷いこと。
カメラの視点は一応変えられますが、それでもちょいちょい主人公の目の前が見えなくなるので、崖を飛び越えたりするアクション時はキツイ……
(一人称視点にすれば一応見える)




まだ序盤な割には謎解きや探索も結構苦戦して、2人であーでもないこーでもないと試行錯誤。
(結果的には、視界が悪いせいでアイテムや通路を見落としてることが多かったw)

自分はゼルダっぽい?と思って、柑ちゃんはトゥームレイダーっぽい?とかプレイしながら話してました。



あ〜やっぱりアクションゲームはど下手くそな自分には辛かった…… _(:3 」∠)_

柑ちゃんは意外と気に入ってたようですがw


とりあえず、2面の中盤ぐらいまでクリア。









みっつめ。

『ダムダム・ストンプランド』
ジャンル:アクション
機種:PS
発売:ソニー
発売日:1997年12月4日


20160823225038dab.jpeg

中古200円。


アーケード臭のする対戦ゲーム。

相手の影を踏んだら勝ち(影踏み鬼)という、シンプルで分かりやすい対戦ゲーム。
勿論一人用モードもある。




いきなりキャラクターとステージを自由に選んで対戦!

20160823225138033.jpeg


ステージの上で規則的に動いている太陽で影の位置が変わっていったり、
ステージによって色々なギミックが仕掛けられていたり、
多種多様なアイテムで有利不利になったり、
影の踏み方にも色々種類や必殺技があったりして、本気で戦おうと思ったら結構奥深い……かもしれない!


一人用のストーリーモードも交代しながら一人のキャラの最後までクリアしました。

ストーリー!?
ほとんどあって無いようなものでしたが、
ものすごくシュールでテンポが良すぎる展開には笑いました(笑)
ヘンテコなキャラばかりなので余計にw


今回遊んだゲームの中だと、単純明快なルールで遊べる『ダムダム・ストンプランド』の対戦モードが一番楽しかったです。
……対戦だと自分は負け続けでしたがw







***



今回プレイしたゲーム全て、選ぶ時点であまりピンとこなかったんですけど、安かったのもあってつい買ってしまったものばかり。

正直、自分一人でやる分には微妙すぎるゲームばかりでしたが、友達と一緒につっこんだり交代しながら遊ぶと、なんでも楽しかったですね!
これだけで合計500円分の価値は十分感じました!

だから、たまにはこういうのも……いいんじゃないかな?(笑)












余談。

最近、柑ちゃんがあの伝説のクソゲー
『デスクリムゾン』

……の続編?にハマってるらしくて震える。

気をつけろぉ!
プレイする者の精神を、崩壊させるぞぉ⤴︎!



(※プレイ動画見て笑い転げた)

わたしのトラウマゲーム


夏だ!ホラーだ!

……だからという訳でもないですが、自分のゲームでのトラウマを紹介します!


※ここでのトラウマという言葉はゲームでの怖いシーンや印象に残ったシーンを差す。






みんなのトラウマゲーム動画






この系統の動画は、いつも見ている訳じゃないですが、たま〜に見返したくなります。
怖いもの見たさというものなのか、トラウマ克服の為なのか……コメントで「あれは怖かったー」「難しかったw」「あるあるw」等で盛り上がってると尚、面白いですね!

みんなのトラウマゲームというからには、みんなでその思い出を共有するのがイチバン!


自分がこの系統の動画や掲示板でよく話題になるゲームの中で実際にプレイして見たことがあるのは……


・ポケモン初代のシオンタウン
・ポケモン金銀のアカネのミルタンク
・mother2のムーンサイド、ギーグ戦
・mother3のきゅうきょくキマイラ
・学校であった怖い話の逆さ女
・牧場物語の呪いのテレビ
・カービィSDXの0%0%0%
・ゆめにっき

……ぐらい?そんなにない?

プレイしてなくても他人がしてるのを見てたり、プレイ動画等で見た事あるのは沢山あるんですけどね。
ホラーゲームはあまり積極的にはプレイしないので……特に、アクション要素の強いものは苦手です;まぁ、アクションは元々下手くそなので苦手だからという理由ですが。



20160818225829a7b.png



ポケモンは当時子供だった自分でも、シオンタウンはそこまで怖かった覚えは……怖いというより、切ない系ですし。
むしろ、トキワの森とかおつきみ山のが怖かったような。

歴代ポケモンのホラースポットだと、ダイパ・プラチナの『森の洋館』が一番怖いです。何にも説明がなくてただただ不気味という……

難易度的に一番苦労したのはRSのダイゴさんですね……相性いい子が居ないと辛い、ユレイドル_(:3 」∠)_







***









みんなのトラウマゲームにも大きく二つに分けて『ホラー的(グロ・鬱含む)な怖さ』と『高すぎる難易度で心が折れそう』という種類がありますが、ホラーゲームでの怖いシーンより、そんなホラーが含まれてるとは夢にも思わないような、ほのぼの系のゲームに突然挟まれる怖いシーンやイベントの方がより印象に残るような気がします。

ホラーゲームはプレイヤー側も最初から『怖いものが出る』という心構えでプレイするわけですから、怖いシーンが出てきたとしてもそれは想定の範囲内で、むしろホラー好きとしては「待ってました!」な感じだと思うからです。

一方、別に怖い内容を期待して買った訳では無いゲーム(特に、見た目が可愛いほのぼの系)で、突然怖かったり鬱なシーンがあったら、それが良いか悪いかは別として、ギャップ的に物凄く印象に残りますもの。









それで、個人的なトラウマゲームの栄えある(?)ナンバー1は……

『牧場物語2』

です。


……意外ですか?


f9.jpg

これ、自分が初めてプレイした牧場物語なんですが……

パッと思い出すだけでも

・ゲーム開始の1日目で、荒れた畑の中で迷って倒れる。
・序盤に、通常ではまだ行けない場所に入ってしまって帰れなくなって詰む。
・ニワトリを死なせて、町中の住民から非難される。
・おばあちゃんが死ぬ。
・宝を探してたら、突然主人公が謎の悪夢にうなされる。
・酒を飲むと、いきなりぶっ倒れる。
・主人公だけ独身。


等色々細かいことでもショックな事が沢山ありましたが、その中でも特に!

初回クリア時(確か3年経過時?)に、突然やって来た父親が、ほのぼのスローライフを楽しみながら経営してた自分の牧場に対して、ボロクソな評価を言い捨てて帰って行ったことです💢

当時、これが相当ショックでもう……未だに覚えてますからね……
牧場物語でスローライフ推奨! と宣伝してるのは建前なんだという事を、子供心に理解しましたorz
そして農奴に




後もう一つ、これはバグに近いですが……
(↑の評価がショックで二周目を開始したデータで)
結婚して子供が産まれるイベントの際、主人公(男)は「外に出ろ」と指示されるんですが……
その時、外の天気が嵐(外に出れない)だったんですよね……なのに、出ろやって言ってくるんですよね……
最終的に家の屋根に登る羽目になりました。
嵐の吹き荒ぶ家の屋根の上で、子供の誕生を待たされるって……一体どう感じれば良いのか。

牧場物語2は牧物の中でも結構楽しんだ作品なのですが、初めてで上手くいかない部分も(バグも)あって、色々と心に突き刺さったゲームでした!!

未だに思い出すとじわじわ来るので、個人的には十分トラウマゲームと言っても良いと思ってます……












それ以外のゲームで、強烈に覚えてるものとなると……

『トマトアドベンチャー』


51H2WSTAMDL.jpg


ですかね……


これも、未プレイの人がタイトルだけ見れば、子供向けのパケ絵なので、「どこがトラウマなの?」と思うでしょう……


このゲームは一部(全体?)の内容が、所謂黒い任天堂とい言われるぐらい、ブラックかつカオスかつサイコなんですよ……

トマアドは、(例のCMを見て)子供の頃すごく欲しくて、でも買えなかったので、大人になってからプレイしたのですが、
思った以上にショッキングな内容が多くて震えましたよ!!

ゲームとしては良くできていて、とても面白いのですが、世界観ストーリー登場キャラの一部がトチ狂ってますね!!

子供しか存在しない世界(※大人は子供との戦争に負けて、全員モンスターに変えられた)だからなのか、殆どのキャラ(プレイヤーキャラ含む)が自分勝手な自己中な上、善悪が非常にあやふやで……

ぶっちゃければ、目の前で人が死のうが殺されようが誰も気にしないのが怖すぎです……(それが重要キャラだろうがなかろうが)

作品の全体から、こどもたちの無邪気な狂気が感じられるようで、最高にサイコな雰囲気が味わえます。

しかも、住民がサイコなだけでなく、見た目的なグロさ(キモさ)や幻想狂気世界、難易度的な高さ(※特にラスボス)まで完備してるので、みんなのトラウマには事欠かない……



でもそれがいい。 
それがこのゲームの味なんです。

だからこそ、印象に残るというね。




ゲームでのトラウマというものは、実は愛すべきものなのかもしれないです。


和歌山の個人ゲームショップを覗いてみた

どうも。
お盆の間は、ずっと和歌山に帰省しておりました。

勿論遊びでは無いですが、空いた時間に周辺を散歩し、近くに個人のゲームショップがあるようだったので、行ってみることにしました!

この連日の猛暑と照りつける日差しの中、汗だくになりながらひたすら歩き……

ようやく発見!



おぉ!
お盆にも関わらず、店が開いてる!!



このお盆の間は、町の殆どの店が閉まっていて、開いてる店の方が少ない位だったので、店がちゃんと営業してるだけで感動。


外観は、外の壁にゲームのポスターがベタベタ貼られていて、いかにも個人経営のゲームショップという感じ。
特にミクさんが目立ってた印象。
(時間が無かったので、写真撮るの忘れてました)

少し薄暗くて狭い店内は、沢山の棚が壁と通路を作る様に置かれていて、新作ゲームはドアの一番近くのよく見える位置に。中古は残りの棚の上から下までギッシリ詰まってました。
ゲームだけではなく、DVDやCD、ちょっとした古いフィギュアなんかもちょいちょい置いてあったり。


あ〜……この感じ懐かしい!!


うちの近所にも、昔はあったんですよ。個人のゲームショップ!
今は無きあの店も、こんな感じだったな〜と感傷に浸りながら物色。

知ってるゲームから全く知らないゲームまで、適当に漁ったり。

あんまり詳しくないのでなんとも言えないですが、結構プレミア付きの珍しい古いゲームなんかも置いてありました。

色々と気になるゲームは沢山ありましたが……お金をあまり持ってきてなかったので我慢。





201608182216585d1.jpeg



悩んだ末、結局この三つを買いました。



『リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産』
前から欲しかった枠。
セガのリズムゲーム。
近所の中古屋では意外と見かけない。
せっかくだからと購入。
1480円。

『とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ』

何故かネットで評判が高くて気になってた枠。
GBAの隠れた名作の話題になると、必ず名前を見かけるブツ。どうせなら実際プレイして確かめたい。
……そもそもハム太郎って、今もまだアニメとかやってるの?
280円。

『TVDJ ティービィディージェー』
謎ゲー枠。
なにこれリズムゲー?
100円。
(因みに他のゲーム店にもあって、そこでも100円だったw)これは





ゲーム買う時に、店主のおばさんと少しお話しましたが、気さくで話しやすい人でした!
もうかなり長い間営業してる様で、「今でもほそぼそとやらせてもらってる」そうです。

もし、このお店がうちの近所にあったら、常連になってゆっくり話をしてみたい(それはそれで迷惑な客w)

もう今時、個人のゲームショップなんて絶滅寸前(うちの近所は絶滅)だと思うんで、頑張って欲しいですね〜!






*2軒目

また別の個人ゲームショップへ。

2軒目の店は、前の店と比べて少し小綺麗な感じで、新作を多めに宣伝して置いてありました。置いてるゲームの数自体は少なめ?
でも、店内にカードバトルのコーナーがあったり、積極的にセールをやってる感じ。(でも元の値段自体はそこまで安くも無いのでトントンかな……)


2軒目の店で買ったのは、この2つ。
どちらも全く知らない。(パケ買い)

201608182216363b8.jpeg


『タイニーバレット』
可愛いキャラのアクションゲーム
一応、3Dアクションなのかな?
200円。


『ダムダム・ストンプランド』

なんかアーケード臭のする対戦アクション?
先に相手の影を踏んだら勝ちっていうルールはちょっと珍しいかもw
200円。
20160818222538b53.jpeg
ちょっと気になるパケ裏


うーん、買ったは良いけどあまりピンとはこない。

何だか最近、500円以下の安くて全く知らないゲームをつい買ってしまいます;
確実に、この間の企画の影響(後遺症)ですね……!!

全部プレイできるかどうかも分からないので、今後はもう少し気をつけねば……








店内でちょっと気になる並びを発見。

201608182217117c2.jpeg
うーん、この……

とりあえず、よんぱちちゃんを1500円で売る心意気は凄いと思った。
……いや、もしかしたら案外プレミア付いてるのかもしれないけどw










*更に別の中古ショップで

20160818221723ba2.jpeg


スーパーダンガンロンパの漫画を、中古の漫画コーナーで見つけて購入。(ちょうど全品10%セール中だった)
今放送中のダンガンロンパ3のアニメも見てるのでつい。

かなり原作に沿った内容で面白かった!
でも中古屋には1・2巻までしかなかったので残念。

自分は、日向くんが好きです(きいてない)

















どうでもいいおまけ


201608182217377da.jpeg

焼肉。
それほど好きじゃないけど、和歌山の焼肉は物凄く美味しかった!
特に石焼きビビンバが絶品。




死から始まるミステリー 『シャドウオブメモリーズ』【ゲーム紹介】

ゲーム紹介No.1


死から始まるミステリー


Shadow of Memories
- シャドウオブメモリーズ -




201603102106147a2.jpg
PSP版のパケの主人公の一人称が間違ってるとかつっこんではいけない




機種:PS2、PSP、他
発売:コナミ
ジャンル:ミステリーアドベンチャー
発売日:2001年2月22日


PS2の初期に発売され、後にPSPに移植された作品(DL版やPC版も存在)




このゲームは、友人の柑ちゃん(絵が上手い)から一番好きなゲームだとオススメされたことをキッカケに、実際にプレイしてみたところ……見事に沼にハマらされた作品です。

こういうゲームは、オススメでもされない限り自分からは買わないので、ありがたい!
シャドメモの魅力が伝わるように紹介頑張ります!(`・ω・´)ゞ





  ≪柑ちゃんの紹介ペーパー≫
CON5o-0VEAA9oMz.jpg


もうこれだけで良いんじゃ無い?
とも思う位分かりやすく纏まっていて、見るだけでプレイしてみたくなりますね!
少なくとも自分はそうでした。

でも、せっかくなので自分なりに色々補足紹介していきましょ!





・公式サイト(PSP版)へのリンク
↓↓↓
http://www.konami.jp/products/shadow_of_memorise_psp/index.html






【ストーリー】

ある日突然、『今日、必ず死ぬ』という死の運命を背負ってしまった主人公のアイク。

謎の協力者、ホムンクルスに時間移動の力を与えてもらい、その力を用いて過去と現在を行き来しながら、自分の死の原因を探り、次々と迫る死の運命を回避していく。

強力な死の運命に立ち向かいつつ、『誰が何のために自分の命を狙っているのか?』という複雑に絡まった事件の真相に迫っていく、ミステリーアドベンチャー。



20160811221108a00.jpeg
ゲーム開始30秒ぐらいで殺される主人公の図。


『死から始まるミステリー』という言葉の通り、主人公のアイクはありとあらゆる方法で殺されまくります。
端的に言えば、この死にまくる主人公をなんとかして助けるのがこのゲームの大きな目的ですね。




紹介トレーラー



紹介動画は色々あれど、個人的に一番お気に入りの海外版の実写PVを貼っておきます。あえて。

この、公式と全く違う(特に主人公の見た目が)のに大体合ってるという、手の込んだ手抜き感がすき(笑)
このままB級ドラマ化して欲しいくらいw






自分がプレイしたのは、PSPのDL版(をvitaでプレイ)。
PS2版との大きな違いは声優とエンドイラストが違うことと、PSP版はギャラリーで音楽やムービーがいつでも見返せることくらい?





CO3xQyoUsAA1vot.jpg
公式絵の2人はこんなイケメンです
※ホムンクルスは性別不明。






【オススメポイント!】



☆まるで映画のような濃密なストーリー


基本的には、理不尽な死の運命に抗う主人公アイクのドラマを描いた、所謂タイムトラベルもののストーリーです。

最初の頃は自分の死を回避することで精一杯のアイクですが、その道中で様々な時代の様々な人々との出会いを重ねていきます。そして物語が真相に近づくにつれ、一つ一つ明らかになっていく真実。出会った一人一人の人物に隠されたドラマ。
それまで複雑に絡み合った謎が解け、集約していくラストはまさに圧巻です!


物語はマルチエンディング形式で、主人公の選択肢や行動によって幾つかに変化していき、ひとつのエンディングを見る度に、パズルのピースがはまっていくかのように徐々に全ての真実が見えてくるという仕組みになっています。

『何故、自分が命を狙われているのか?』
単純なその謎の裏に隠された衝撃の真実。
是非辿り着いてみて下さい♪






*キャラクターpickup!

ホムンクルス
201608112216008d6.jpeg

主人公のアイクを生き返らせ、時間移動の力を分けてくれる謎の協力者、ホムンクルス。
物語中、神出鬼没に現れてはアイクの為になるヒントを教えてくれたり、謎の多い言動を残しては去っていく不可思議な存在。
一体何故、アイクに協力してくれるのでしょう?

このゲームを象徴するキャラクターとして、主人公のアイクのパートナーとして、無くてはならない存在ですね!









☆タイムスリップで自らの死亡フラグを回避していくシステム


ゲームを始めると主人公はまず殺され、ホムンクルスの力でその死の30分前にタイムスリップして蘇ります。
そこから30分間の制限時間内に、過去と現在を行き来できる時間移動の力を駆使して、その『死の原因』を取り除き、目前に迫った『死の運命』を回避していくのがこのゲームの主な目的と流れになります。


20160811221147044.jpeg
フライパンが無ければ即死だった……


その死の回避方法ですが、このゲームの場合は1通りでは無く複数存在する場合もあり、
どのように過去に干渉したのかによって、その後の展開に変化が起きていくのが面白いところ。








☆過去の行動や選択肢、時間の経過によってリアルタイムに変化していく街並みやイベントを追っていくのが面白い!

中世から現代にかけてのドイツの街を再現した(当時としては)作り込まれた箱庭マップを自由に歩き回る事ができます。
時間帯も章を進める事に変化していきますし、それぞれの時代によって異なるの街の雰囲気も良いですね!
(もう少し明るいBGMだったら、のんびり街の観光でもしたかったw)

また、一見クリアとは関係無さそうなイベントやアイテムでも、その後の街の環境に変化をもたらす事も多々あるので、何らかの形で過去を変えた場合、現代で何か変化が起きているかも?
(例えば、絵の題材に悩んでいる昔の絵描きに、絵の題材になりそうな話を教えてあげると、現代の絵画の絵の内容が変わる等)

過去と現在の街が密接に連動しているので、実際に『過去を変えた』という実感を味わえます。












ゲームとしては意外とライトな作りで、アドベンチャーゲーム初心者でも、あれこれ試して少し考えればクリアできる位の難易度だと思います。
(とは言え、自分はクリアまで4.5回はゲームオーバーした)



クリアタイムも、10時間もあればエンディングまで見ることができるので、ボリュームは少なめかもしれないですが、逆に言えば、短い時間で濃い物語を楽しむことが出来ます。

PS2初期のゲームだからなのか、ムービーが多く、恐らくプレイタイムの多くはムービーが占めてます。(※一度見たムービーは飛ばせる)
なので、ガッツリ謎解きを楽しむというよりは、映画を追体験しながら楽しむ感覚で気軽に遊ぶのが良いのかもしれません。


やりこみ要素としては、全ての死の回避方法を試したり、本筋とは関係ないサブイベントのムービー回収。全てのエンディングを迎えた後に現れる隠しエンディングの制覇。章毎のタイムアタック等があります。








☆こんな人にオススメ
・気軽に映画のような濃い物語を楽しみたい人
・ホムンクルス、賢者の石、錬金術、時間移動、等のワードにピンと来る人。
・中世~現代のドイツの街並みの雰囲気を楽しみたい人

★こんな人には不向き
・歯応えのある謎解きとゲーム性重視の人
・コストパフォーマンスを重視する人



『死』をテーマにした、まるで映画のような濃密なストーリーが楽しめる隠れた名作!



お気に入り度
★★★★★★★★★☆ (星9)

オススメ度
★★★★★★★★☆☆ (星8)








***







このまま綺麗に終わっても良かったんですが……

このゲーム、特に主人公に関して、言いたいことがあり過ぎるので……

追記から、キャラ語りとか色々。

※ネタ多め&多少の暴言含む
※若干のネタバレあり!






↓↓↓








続きを読む

友達が適当に選んでくれたゲームをプレイしてみた『月花霧幻譚-TORICO-』 編①





前回の記事(アナザーマインドのプレイ記)に続いて、

お互いに前情報ゼロで適当に買ってきたゲーム(500円以内)を相手にプレイしてもらうという試み!


次は私が、柑ちゃんの選んでくれたゲームをプレイする番です。


私の為に選んでもらったのは……


セガサターンの
「月花霧幻譚-TORICO-」


201608102218225a7.jpeg
いかにも妖しさ満点のパケ絵


…………うん!
全然知らない!!!



オレンジ→柑ちゃん



柑:
ぱっと見て、なんか目と目があった気がしたから、300円で購入。
パッケージからもう色濃いサターン臭を感じたので。
サターンで初めてプレイしてもらうゲームとあってどきどきしたw



2016081022174417e.jpeg
何気に、今作でサターンデビューを果たした。


セガサターン自体初めて触らせて貰ったから詳しくは分からないけど、こういう感じなの?
でもこの時代で、このグラフィックは凄いと思う。しかも幻想的で綺麗!

それにしても……これは完全に予想外だったw
やっぱり、柑ちゃんのセンスはなかなか渋くて面白い!不思議。



柑:
どれが主人公なのかわかんないパッケージとか最高だよね。


面白い決め方だけど、その基準はよく分からんw





プレイし始めて一番最初に気になったのは、
主人公の声優がまさかの子安さんなことw
しかも地味にフルボイスなのが凄い。
他の登場人物も、絶対どこかで聞いた事ある声だから……多分有名な声優だと思う。(そこまで詳しく無いのでわからない)



20160810221806585.jpeg
パケ裏




〜あらすじ〜

主人公(フレッド)は額に謎の紋様を浮かばせた記憶喪失の旅人。
霧の街と呼ばれる街を訪れた途端、何故か牢屋にぶち込まれてしまう。

その後、その街の(悪徳)領主に呼び出され「そこへ行けば何でも願いが叶うと言われる伝説の『月の街』への行き方を探せ。でなければ命は無い」と脅迫され、仕方なく命令通りに『月の街』への道を探す事に……

伝説の『月の街』は本当にあるのか?
そして、月の街と主人公は何か強い因縁があるようだが、それは一体何なのか!?

(続く……)


スクリーンショット (149)
主人公のフレッド君(CV:子安)



ゲームとしては、
3DCGで作られた箱庭の街を一人称視点で探索しながら、街に秘められた謎を解き明かしていくアドベンチャーゲーム。

(当時としては)ハイクオリティなグラフィックで描かれた中世ヨーロッパ的な古風な街並みが、いかにも何かが起こりそうな夕暮れ時の妖しい雰囲気と相まって幻想的で良い感じ!







……しかし、最初は迷う!とにかく迷う!!
一人称視点な上に、自分が壊滅的な方向音痴なせいで!!!

パッケージの中に、オマケ?で街の白地図が入っていて『自分でプレイして地図を埋めよう!』と書いてあったので、私が道に迷って街を闇雲に彷徨ってる間、隣で柑ちゃんが地図を埋めて、その後はずっと道案内してもらってました;

マップ的にはそこまで広くは無い筈なんだけど……
いやもう、ガイドしてもらわなかったら挫けてたね!これは!自分の方向音痴が憎い!!





システムはシンプルなアドベンチャーゲームで、気になる場所をズームして、持ち物の中から使えそうなアイテムを使用するだけ。簡単!

でも、アイテムを手に入れる為に別のアイテムが必要だったり、
そのアイテムを手に入れるまでに、色々と必要な順序でフラグを立てないといけなかったり、
アイテムを持っていても、必要なフラグを立てていないとイベントが発生しなかったりするので結構難しい!

謎解き以前にそもそも、フラグを立てる順序が謎すぎて泣いた。


柑:
アイテムも使う場所も間違ってないのに、住人のヒントとなる会話を聞いてからじゃないと絶対にアイテム使おうとしない主人公には泣いた。
もうちょっとアイテム使用までに必要なフラグを、うまく道中に拾わせてくれる流れだったらなぁと...一体何度同じ場所を回らされたことか!

「……駄目だ!今ここで使っても意味が無い!」(CV:子安)を、一体何回聞いたことかw
主人公の「もうここ(霧の街)から生きて出られないかもしれない……」って気持ちとシンクロするぐらい、同じところを彷徨い続けてたね……_(:3 」∠)_


柑:
全体の雰囲気がいいだけに、ちょっと勿体ないゲームだ。


街の中をぐーるぐる当てもなく徘徊し続けて、同じ場所を何度も訪れて、総当たりでフラグを潰していくしか無いってのが……今の感覚だとどうしてもキツイと感じちゃうなぁ。



スクリーンショット (150)
中世風の街並みはとても雰囲気が良い



柑:
後半投げやりになってきて、詰まったらとりあえず何でもマッチで燃やそうとしてた(させてた)
こういう探索系アドベンチャーゲームでの火種アイテムへの信頼感は異常。
とりあえず火付けとけ、みたいな(笑)




アイテム自体少ないから、とりあえず全部試すよね。
最終的に、小麦粉+油+マッチで粉塵爆発させよう!とか言い出すんだからもう……!

柑:
粉塵爆発はいい考えだと思ったんだよ.......あの時はw
これから毎日家を焼こうぜ。


フレッド「理不尽に殺されるくらいなら、いっそ何もかも全て燃やし尽くしてやろう!!」
(フレッド君、放火魔になる!)




このままだと、あまりに時間がかかりそうだったので、結局降参。
一部攻略サイトを見てしまいましたよ。

……負けた orz


雰囲気を楽しむゲームって感じだから、
もういっそ、散歩感覚ついでにアイテムやフラグ集めるやり方が正しいのかもしれない。





柑:
息切れ(?)しながら、なんとかDISC1クリアしたけどDISC2はどうなるかな……?


さらに迷う気しかしないよ!!





【Disk2 『月の街』編】

〜あらすじ〜

やっとの思いで、月の街に着いたと思いきや何故か崩壊し始めてた。
しかも、街の人達も一緒に連れてきてしまったらしい。

街の守護霊?によると、月の街に存在できる人間は1人だけで、それ以上の人間がやってくると、バランスが崩れて街そのものが崩壊してしまうらしい。

そんな訳で、着いたのもつかの間、今度はどうにかして崩壊し始めてる月の街から脱出する方法を求めて探索を開始するのでした。






月の街の雰囲気は幻想的で凄く好きです。

真夜中の水面の上に幾つも並んだ高い塔のシルエット。
妖しく光る色違いの二つの月。
水面に映る風景も神秘的で美しい……


でも同じような建物が並びすぎて迷う気しかしない。(※もう迷ってる)
せめて、それぞれの塔の名前を教えてくれー!(泣)


とりあえず適当にぐるぐる回って探索。




その途中、トラップに引っかかって石化したおじいちゃん(でも意識はある)を発見するも、その先の扉を開ける為、石化したおじいちゃんを迷いなく斧で叩き壊したのが私です。
これ多分、助けられた。

やっとの思いで月の街に来られた勢いでハイになってた。




その後も、
霧の街で、いつも(いつの間にか)主人公の後を付けてる、ストーカーのおじちゃん(名前忘却)が、
「月の街に存在できる人間は1人だけ。つまり、自分以外の奴を全員殺せば、ここで生き残れる!」
と言って襲いかかってきたと思いきや、勝手にトラップに引っかかってアッサリ自滅!即退場!御愁傷様death!


死んだおじちゃんの話によれば、
つまり全員を犠牲にして1人だけ助かるか、皆を連れて脱出するかを選べるということ……?
(すでに2人死なせちゃったけど)

まさに生か死かの、deathゲーム……!


柑:
女子供も居るんだから、やめてあげて!
……たぶん、住人救出エンドと失敗エンドがある気がする。



……グッドエンド行くのは、もう既に難しい予感しかしない。\(^o^)/







とりあえず今回は、Disk1『霧の街編』をクリアして、Disk2『月の街編』をチョロっと探索したところで終了。

途中、進展なさ過ぎてブツブツ言いながらも、なんだかんだで5時間くらいプレイし続けてたようなw

月の街は、霧の街以上に建物の構造がややこしいから探索は更に難しそう……

でも、ストーリーの謎がまだ全く解けて無いし、ここまで来たからには諦める訳にいかない!

また機会がある時に続きをプレイさせてもらいましょう!
(地図を作るのはまた手伝って欲しい)







***




ネットでの評価を覗いてみた。

月花霧幻譚〜TORICO〜は、1996年6月28日にセガより発売されたセガサターン用アドベンチャーゲーム。


人は選ぶけど、この独特な雰囲気にハマる人はトコトンハマる!というタイプの隠れた名作として評価されてるゲームだそうです!

つまり柑ちゃんも隠れた名作を掘り出す能力に優れているということですね!



後から落ち着いて考えると、このゲーム、これだけ3DCGを使用して街並みを再現しているにも関わらず、ロードがほぼ皆無なのが凄い。セーブも爆速。

そのおかげで、散々歩き回らされてもストレス自体は低め。これはありがたい。



無駄に歩き回らないといけない仕様がもう少し緩ければ、グラフィックと雰囲気の良さも相まって遊びやすいんだけどなぁ。



300円で適当に買ったゲームを友人にプレイさせてみた 『アナザーマインド』編①







いよいよ始まりました!


『お互い知らないゲームの中古(500円以内)を買って相手にプレイさせる』


という、友人の柑ちゃんとの間で立ち上げた気まぐれゲーム企画第一弾!


事の詳しい経緯については、以前の記事(アドレス)参照。

『ちょっと変わったゲームの遊び方』
http://yorutamagame.blog.fc2.com/blog-entry-10.html




今回、私が選んで相手にプレイしてもらうゲームは……

プレイステーション専用ソフト、


『アナザーマインド』



20160809210732ba3.jpeg



です!

近所の中古ゲームショップで300円で購入しました。
適当に買ったものなので内容どころか存在すら知らなかったので、どんなゲームなのかはサッパリ。

パッと見、実写のノベル系アドベンチャーですかね?この時代のゲームって実写が多いイメージ。……何故?



そもそも実写ゲームって、なんとなく世間では地雷が多い印象で(実際多いのかもしれないけど)忌避されがちですが、私は『学校であった怖い話』や『街』『428〜封鎖された渋谷で〜』等の、実写の超名作ゲームが大好きなので、特に実写に抵抗無いです。

上記のゲームは以前、柑ちゃんに勧めて(押し付けて)プレイさせて好評だったことも踏まえて選びましたよ!



……まぁ本音を言えば、もしクソゲーだとしてもそれはそれでぶっ飛んでて面白そうだと思ったから(笑)

でも何気に、出演してる俳優や女優さんが本当に豪華なんだよなぁ……


20160809210834410.jpeg


このパケ裏の内容が気になりすぎて、一目見て「これだー!」と感じて、即決。
『史上初のつっこみゲー』って何w

もう既に、つっこみどころ満載の予感しかないので、是非ともプレイしながら存分につっこんでもらいたい!という気持ちで選びましたw






***





ここから、実際に(2人でワイワイ言いながら)プレイした感想とか。
なんとなく対談形式で。

※ストーリーに沿ってないので、ネタバレはほぼ無し。
スクショをもっと撮っておけば良かった〜



オレンジ→柑ちゃんのコメント
青色→自分のコメント




柑:
まさか、数あるプレステのゲームの中から、実写ゲームを選んでくるとは思わなかった!w それに『つっこみゲー』(公式)ってなに!?(笑)


意外性&パケ裏の『つっこみゲー』に反応してもらえて掴みは上々!


20160809210910043.jpeg






 柑:
プレイヤーは、17才JK(女子高生)の瞳ちゃんの頭の中で突然目覚めた正体不明の男になって、自分が一体誰でなぜこんなことになったのか模索しつつ.......なんだかんだJKといちゃつくゲーム?

プレイヤーは記憶喪失で自分の名前しか覚えて無くて、主人公の瞳ちゃんの頭の中に何故か勝手に入り込んじゃった存在らしい。
出て行く方法も分からないので、仕方ないから脳内で会話しつつ一緒に協力して、巻き込まれた様々な事件を解決していくゲーム……と。ついでに脳内で会話していちゃいちゃするギャルゲー(笑)





柑:
脳内に突然知らない男が住み着いても冷静に迎え入れてる瞳ちゃんつよい。普通なら発狂ものでは?


ちょっと天然っぽい素直な良い子だけど、芯は強いというか結構大胆だし、器がでかい。しかも、脳内の相手(プレイヤー)が年上だろうがなんだろうが、言う時は言うw
瞳ちゃんつよい(確信)






柑:
主人公と瞳ちゃんは脳内で色々対話して、その内容で色々ストーリーが変化していく?みたいだけど、選ぶ内容によって瞳ちゃんの返す言葉が辛辣になったりして笑ってしまうw


ある程度自由に会話文が作れるから面白いね!しかもその作った会話文に対する反応を、ちゃんと律儀に返してくれるのがまた凄い!
でもあんまり変なこと言うと、怒らせて言うこと聞いてくれなかったり、呆れられたり、後々まで根に持たれたりww






201608092111146ca.jpeg
なんでこのシーンだけ撮ったのか




20160809211151a7e.jpeg
(瞳の女友達と一緒にやって来た温泉旅館の露天風呂で、女友達の裸を見ようとする図)
※この後滅茶苦茶叱られた


柑:
脳内からJKにセクハラまがいの発言かましていくゲーム、これは新しい(18年前のゲーム)

多分隠しパロメーターで信頼度とか好感度とかあるだろうから、あんまり変な言葉ばっかり選んでたら、好感度下がりそう(笑)
18年前のゲームにも関わらず、これは今やっても凄く斬新だと思ったw
それにしても、せくはらよくない!




柑:
私の選ぶ選択肢にもよるんだろうけど...主人公(プレイヤー)はなんだかんだ脳内ライフ満喫してるようにしか思えないw


本当、女子高生との脳内共生ライフ楽しみすぎでしょw




柑:
霊能者に相談した時、プレイヤーは「瞳の助けになる存在」って診断されたけど「でも降ってくる災難は大体そいつのせい」とバッサリ言われてたのには笑った。
つまりプラマイゼロじゃないか!w


最初の頃瞳ちゃんが、自分の脳内にいるプレイヤーを勝手に取り憑いた幽霊としてなんとか除霊(成仏)させようとしてたのには笑ったな〜w 
プラマイゼロどころか、普通に考えたらマイナスしかないよねw




柑:
アナザーマインド、「つっこみゲー」と銘打ってるけどどう考えてもボケ倒しゲーなんですがそれは。
明らかにこれおかしいでしょ!って内容、初めからボケさせる気満々の会話しか選択肢にない時があるから「つっこみゲー」は詐欺だw


確かに「つっこみゲー」というより、瞳ちゃんに助言したり、行動に口出しして言う事聞かせたり……変な事言って(ボケて)逆につっこまれたりww
でも、ちゃんと真面目な選択肢もあったじゃない?w
でもやっぱり変な選択肢あったらそっち選んじゃう心理。そりゃもう反応が見たいが為に(笑)




ストーリーはまだ深刻?って程では無いにしてもシリアスなのに、2人(プレイヤーと瞳ちゃん)の会話が妙におかしいからギャグに思えてしまうw
でもこの絶妙なシリアスとギャグの配分、私は好きだな〜




3時間程プレイして、場面は病院→学校→温泉旅館へと移動。
あちこちで何故か事件に巻き込まれる主人公はお約束?
特に温泉旅行編は、火サスが今にも始まりそうな雰囲気で先が気になるw

でもとりあえず今回は、3章の途中まで進めたところで一旦中断しました。
まだまだ先が長そうだったので。




柑:
今の所、JKとの掛け合い.......漫才?を楽しむゲームとして面白いけどw
まだまだ序章みたいだし、主人公の正体が誰なのか解けていくのが楽しみ。


いや〜見てるだけで面白かったw
プレイヤーの柑ちゃんと、JKの瞳ちゃんとのおかしなやり取りを端から眺めてニヤニヤする第三者的な存在として(笑)

勿論、ドラマとしても見てて面白かったけど、まだまだ盛り上がってくるのはこれから!って感じかな?
主人公自身の事については、まだ謎だらけだし。




でもとりあえず、今日はここまで!

また機会ある時に、是非とも続きをプレイしてもらいましょう!
自分も続きが気になり過ぎるんで!!












***



ここから自分の感想(という名の蛇足)



このゲームの特徴的なシステムとして

・ダイアローグシステム
・つっこみシステム

があって、
ダイアローグシステムは、いくつかの用意された言葉(文節)を好きに組み合わせて、自分が最も言いたい文章を自由に作れるシステム。

つっこみシステムは、(ある程度決まってるけども)好きなタイミングで瞳ちゃんにプレイヤー側から話しかけられるというシステム。だそうでw


この二つのシステムが、プレイヤーの物語への没入感を高めてるんですよね。
これ、ノベルゲームとしては結構本気で斬新且つ画期的だと思いますよ。

プレイヤーが直接、瞳ちゃんに話しかけられる(しかも文書も自由度高い)おかげで、しっかり自分が物語の主人公として感じられるので、物語への感情移入度がハンパ無いです。

それに、奇妙なコンビながら、なんだかんだで協力し合って瞳ちゃんと仲良くなっていくのが楽しいw
そしてどんどん瞳ちゃんが可愛く思えてくるw(実際可愛いけど)


今はこういうシステムのゲーム無いのかな〜?
あったらだれか教えて下さい。




もう一つ、地味に凄いな〜と思った点は、
実はこのゲーム、キャラのアイコンがただの立ち絵(写真)ではなくて、キャラが喋っている間ずっと動いてる(動画)なんですよ。

完全なムービー自体は少ないけれど、普通のキャラ同士の会話文でも、ちゃんとキャラが動画で動いてるので、その時の表情やら仕草やらを見て心情が捉えやすく、凄く実写の恩恵が受けられてるな〜と感動。

しかも、どの役者さんも有名な俳優や女優さんなので、演技に違和感が無い!流石!(地味に大事)



悪い点というか、
今までのプレイで気になった部分は、バックログが表示されないことですかね……
ちゃんと話を聞いてなかった時、次どうすればいいか分からなくなった時に、バックログを辿って読み返せないのが少し困る。
基本的に文章を読ませるタイプのゲームなら、これ位はつけて欲しかったかも。

スケジュール帳みたら、おおざっぱな内容は振り返れるんですけどね。







(余談)


後から、ネットでこのゲームの評価をチョロっと覗いてみたところ……

かなり高評価でした!

……にも関わらず有名になれなかった不遇の作品だそうです。



理由としては、当時実写=クソゲーな印象が強かった事と、RPGのイメージが強く、それまで実写ノベルゲームの実績が無かったスクウェアが発売した事で、思ったより売れなかったとか? 他の大作と被ったのも原因かもしれません。
(というかこのゲーム、スクウェア発売だったのかという驚き)


でも、実際にプレイした人達には評判が良い、と。

つまり、本当に隠れた名作って事ですね!!




ネタで選んだつもりが、まさか本当に隠れた名作を掘り起こしてしまうとは…か…
自分のゲーム選びの直感が怖い(笑)




とりあえずクリア出来たわけでも無いので、いつかまたの次回に続く。




今年のポケモン映画は最高!


夏だ!ポケモンだ!ポケモン映画だ!!

……ということで、今年のポケモン映画

『ボルケニオンと機功(からくり)のマギアナ』

観に行きました!




『ボルケニオンと機功のマギアナ』予告映像






結論から書きますと……

今年のポケモン映画は最高でした!!!

可愛いポケモン達の姿に癒され、迫力のバトルシーンで熱くなり、感動のシーンでは涙する……

ここ数年でも最高の出来なのでは!?

個人的には、歴代ポケモン映画の中でもかなり上位に食い込むレベルで楽しめました!(´▽`)






人気投票1位のゲッコウガもちゃんと受け取りましたよ〜しかし、技構成が謎w







そこまでのネタバレしない程度に(個人的な)今作の見所と軽く感想など。



☆人間嫌いのボルケニオンとサトシの間に徐々に芽生えていく信頼と友情が熱い!


→序盤に、ボルケニオンとサトシが強制的にくっ付いてしまうというハプニングが起き、嫌々ながら行動を共に羽目になります。
最初はなかなかにサトシも酷い目wにあったりして息が合わない1人と1匹でしたが、心の触れ合いや戦いの中で、徐々にお互いを認め合っていく姿は感動的でした!ツンデレ萌えw
「人間は嘘をつくが、ポケモンは嘘を付かない!」→「嘘つき……!」の流れがもう……




☆ボルケニオンとマギアナとの間にある揺るぎない信頼関係と、お互いの為に命を賭ける覚悟に泣ける!

→ボルケニオンとマギアナ、そして同じ高原に住む仲間のポケモン達との間は、強い絆で結ばれており、仲間を守る為なら危険を顧みずに行動することすら厭わない覚悟、自分がボロボロになってでも仲間を守り通そうとする姿がカッコよかった……




☆人間に傷つけられたポケモン達とサトシ達との心温まる触れ合い。

→心無い人間に傷つけられ、人間を怖がるポケモン達と、そのポケモン達に寄り添おうとするサトシ達とのハートフルな触れ合いと、マギアナの優しさに癒される〜
特に、サトシとゴクリンのシーンが、少し切なくも可愛いかった……(´ε`ω)




☆大迫力のバトルシーン!メガシンカポケモンメガ盛り&初パーフェクトジガルデの活躍!


→今回、アニメの中ではあまり目立った出番が無かったメガシンカポケモン達が一斉に敵として立ちはだかります。

敵味方入り乱れての乱戦の中、バトルが盛り上がってきたシーンで、挿入歌として『XY&Z』のアレンジverが流れたときは、思わず「うおぉ!」と叫びたくなるくらいテンション上がりましたw

特に今作は、ポケモン映画では久々に、敵が清々しい程の悪人でガチクズ外道だったので、残虐シーンや圧倒的不利な状況からの成敗シーンはスカッとしますね!

そうそう、プニちゃんも地味に大活躍でした!プニちゃんが自分の意思だけで、みんなを守る為に全力を尽くしたのかと思うと……うぅ。
アニメでは、パーフェクトジガルデの話はまだ先なので、この映画での活躍が初だと思います。これを見ちゃうと、今後のアニメでのプニちゃんの活躍も楽しみ!




展開やら敵の行動やら要塞の姿などに、途中何度か思わず『ラピュタ』を連想して笑ったシーンも幾つかありました(特に、敵がムスカに思えてw)が、

サトシとボルケニオンの友情!そしてマギアナの優しさに、熱く燃えて泣ける!王道冒険活劇ものとして、最高に面白い作品でした!
そして今年もサトシは揺るぎないイケメン!!(笑)


映画の最後に流れる、YUKIさんの歌も夏らしくて爽やかな〆で良かったです……



本当、見てない人は観に行った方がいいぞ(笑)




見終わった後、ポスターやパンフレット買って見ていて……XY&Zの映画がこれで最終章と書いてあったので、あぁもうアニメポケモンのXY&Z編も終わっちゃうのか……と思うと寂しいです。

アニポケはずっと見てますが、XYに入ってから、ずーっと最高に面白かったので……あ〜終わってほしくない〜〜_(:3 」∠)_


と言いつつ、アニメのXY&Z編も最後までずっと楽しみです!!
いよいよ始まるフレア団との戦いが気になる……!


そして来年は、ポケモン映画も20周年みたいですね!

新章サン&ムーン編に突入して一体どんな映画でどんなポケモンがメインになるのか……それもまた来年の夏の楽しみです♪




オマケ



映画見た後、そのままカフェで夕食♪
1000円で美味しいディナー&ケーキが食べられるお店なので、お気に入り。
暫くここで色々駄弁ってました。
         
プロフィール

夜珠ルミナ

Author:夜珠ルミナ
ここ数年ゲーム熱が高まってる、ただのゲーム好き。

主に、好きなゲームの紹介、プレイ記等々。
基本的に、自分用の記録メモです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR