FC2ブログ

ポケモンGO!鳥取砂丘イベントに行ってきましたレポート!



どうも。

今回は、鳥取県が11月24~26日に開催したスマートフォンゲーム

「Pokemon GO」(ポケモンGO)

とのコラボレーションイベントに行って参りましたので、その様子を簡単に記しておきます。





ポケモンGOといえば、一時期は物凄い大ブームでしたね!

私はゴリゴリのポケモンファンなので勿論当時の様子は知ってはいましたが、実はその当時恥ずかしながらスマホを持っていなくてポケモンGOの波に乗れなかったんですよね。
なのでスマホを手に入れた後も何となくプレイしないまま今まで過ごしていたのですが……

前々から企画されていた鳥取砂丘でのポケモンGOイベントがついに実施されると聞いて「この機会にやらずにいつやるのか!」と思い切ってポケモンGOをダウンロードしました!

ポケモンGOのイベントの前日に!(笑)
何故そんなギリギリまで置いておいたのか……


つまり、完全にまっさらな状態で挑むはじめてのポケモンGO!in 鳥取砂丘!

レッツエンジョイ♪





※当時の自分のブログ記事がありましたw 

ポケモンGOの話題に乗りたい

これが去年の記事なので、これを読むとまた感慨深いものがあります……w










KIMG0100.jpg

私は今回、ポケモンGO鳥取イベントの3日目最終日(11月26日)の日曜日の10時頃から参加(砂丘に到着)しました。

鳥取砂丘の入口付近にはリアルポケスポットが!
記念写真にいいかもしれないですね♪







KIMG0092.jpg

早速砂丘に足を踏み入れてみると……

噂には聞いていましたが、ものすごい人の数!!!!



実は自分はここ鳥取の地元民なので、砂丘には何度も行ったことがあるのですが……

こんなに人がいる砂丘は初めて見ました!!!!

これでも3日目は天気が悪かったので、人は少ない方だったみたいですね。
改めてド田舎におけるポケモンGOの影響力を実感して恐ろしくなりました……w


そして砂丘にレアポケモン目当てに来ている観光客を見て、個人的に少し不思議というか面白いなと思ったのは、本当に老若男女が集まってるということでした。

ファミリーやカップル、ポケモン世代の大人がポケモン目当てに来ているのは分かりますが、どう考えてもポケモン世代では無いような高齢の方々もスマホ片手にポケモンを探してる姿がちらほら見受けられました。わざわざ鳥取の砂丘まで足を運ぶくらいですからポケモンGOガチ勢でしょうし……

ポケモンGOは、本来のポケモンのターゲット層以外の方々まで幅広く親しまれてるアプリなんだなぁと実感しました。
日本人だけでなく、海外の方も沢山いらっしゃいましたしね。







Screenshot_2017-11-26-12-51-26.png
砂丘っぽいポケモンが出るのがいいなと思った。

それはともかく、自分も早速ポケモンGOをチェックしてみると……

そこらじゅうポケモンだらけ!!

大量のポケスポットが設置されているので、どこにいてもポケモンがわんさか出てきます。

レアポケモンが出やすい仕様になってるそうですが、前日にダウンロードして始めたばかりの自分にはどれがレアなのか分かりません。とりあえず片っ端からモンスターボールで捕まえていきました!

……ポケモンGO、めっちゃ楽しいですね!!(イマサラタウン)




Screenshot_2017-11-26-11-29-39.png

今回のイベントの目玉となるレアポケモンの一匹、バリヤードをゲット!

他の地域ではレアらしいですが、ここ砂丘ではかなりの頻度でどこにでも出没してましたw




Screenshot_2017-11-26-12-56-16.png

そして、さらにレアな存在らしいアンノーンもゲット!!

アンノーンは砂丘内でも出没する地域が限られているらしく、探すのは難しそう……
と思いきや、アンノーンが出没するエリア付近は人が異様に集まってたりするので、意外と分かりやすかったですw
私は全部で3匹ゲットしました。

それにしても、その場にいる参加者のみなさんが歩いたりスマホを凝視しながら

「あっちの方に○○(珍しいポケモン)が出たらしいから行ってみよう!」
「向こうの方で○○(珍しいポケモン)捕まえた!」


などと話してるので、まるでポケモンゲーム世界のNPCの会話を聴いてるような気分になりました(笑)

それとも、これがリアルなポケモントレーナーの感覚というものなんでしょうか……!?


因みにアンノーンの種類は、鳥取砂丘にちなんで『SAKYU』(砂丘)の文字となるアンノーンが居たみたいです。これは憎い演出w








KIMG0095.jpg
よく見ると、お調子者な性格のピカチュウがいますね……

すぐ身近にある、良く知ってるはずの砂丘ですが、今回ばかりはとても新鮮に思えました!
……まぁそもそも、地元民でも(だから?)砂丘を歩き回ることって滅多に無いんですがw

だだっ広くて砂しかないと思ってた砂丘が、ポケモンが居るというだけでこれほどワクワクするとは。ただ歩いてるだけでこんなに楽しいとは思ってもみなかったです! 広いし砂しかないので、大勢人が居ても割と安全ですしね(笑)

ポケモンGOを純粋に楽しむはずが、砂丘の良さも再発見してしまいました!

砂丘最大の高さの『馬の背』から眺める景色は中々のものです。(天気は悪かったのが残念)

※鳥取砂丘の最大な部分は、実は広さじゃなくて『高さ』なのだ!








★今回の収穫★

Screenshot_2017-11-28-21-34-14.png

Screenshot_2017-11-28-21-33-19.png

なんと一日だけで44匹も捕まえました☆彡
ここに写ってないですが、ガルーラ(レアそう)もゲットしてますw






しかし、時間も忘れてポケモン探して歩き回ってる内に、(迷子になりつつ)砂丘を若干一周してしまい、元の入口に戻ってきたころにはもうヘトヘトでした……

歩き疲れて~どこまでいくの~♪



ポケモン探しの旅はまだまだ続く!

To Be Continued……










****************






ここからは余談。

一大ムーブメントを巻き起こした今回のポケモンGO効果。
この三日間はニュースでも世間話でも地元はポケモンGOの話題でもちきりでした。

今回のポケモンGO鳥取イベント、26日午後3時時点で約8万7000人が砂丘を訪れ、経済効果は十数億円に上ったらしいです。
すごい。

まぁその分、とんでもないほどの渋滞やら違法駐車やら事故やらがあちこちで起きて……それは実際大変でした(-_-;)








しかしこのポケモンGO鳥取イベント、実はプロジェクトとして少なくとも5年前にはもう既に立ち上がっていたんですよ。


何故そんなことが言えるかというと……

5年前に鳥取まちおこしの一環として、鳥取県がポケモンのプロデューサー・ディレクター・作曲家である増田順一さんを招待して開いた講演会に私が参加した際に、まだ構想段階だったポケモンGOの話をその場で聞いていたからです……!!
(※当時はポケモンBW時代で、勿論ポケモンGOは無かった)


それは、ポケモンもプレイヤーが実際に歩いて触れて遊べる体感型のゲームを作り、リアルな現実の世界でポケモンをゲットできるようにしたいというお話でした……!

妖怪で有名な水木しげるロードに各妖怪の銅像が置いてあるように、銅像のようなスポットを各地に作り、そこでしか手に入らないようなレアなポケモンが出現するように設定しすることで、プレイヤー自らがリアルな旅と冒険を楽しめるようにするという画期的なアイディアでした!

この当時(5年前)は完全に未来の話だったので、「すげーーー!!!」としか思いませんでしたが、その後、実際に『ポケモンGO』としてスマホアプリでリリースされ、瞬く間に世界的大ヒットを飛ばしたのを見ているともう……

当時聞かせてもらった夢が、ついに現実のものになったのか……!!

と感無量でした……!


それに加えて、5年前の計画で話していた「鳥取にレアポケモンを出現させれば町興しに使えるよ」という話すらもこうして現実のイベントとして開催されたわけですからね……はぁ……もう自分のキャパシティーを超える事実すぎて、何を書いていいのか分かりません。





とりあえず、その証拠ともいえる品。

20171129022759581.jpg
本名でサインしてもらったので隠す

ポケモンの増田さんから直接もらったサイン。レアだぞ!
直接握手やお話ができたり、ポケモンへの想いを綴った個人的な手紙も渡せましたし……
この時は幸せすぎて死ぬかと思いました。







本当はもっと余裕があればこの件に関して語りたいことが沢山あるのですが……とにかく一番言いたいことは、


増田さん、そして今回のイベントの企画運営に関わった皆さまへ、

ありがとうございました!!!!

ポケモンも鳥取も、これから先の未来も栄えていきますように!
またの開催を心から願っております!











※オマケのネタ画像

Screenshot_2017-11-26-13-22-52.png
ふと見たら、バリアードにセクハラされてた。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

夜珠ルミナ

Author:夜珠ルミナ
ここ数年ゲーム熱が高まってる、ただのゲーム好き。

主に、好きなゲームの紹介、プレイ記等々。
基本的に、自分用の記録メモです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR