水木しげる魂の漫画展に行ってきた




どうも。

突然ですが先日、

『水木しげる 魂の漫画展』

に行ってきました!



水木しげるさんについては、説明するまでもなく日本の漫画界のレジェンドにして妖怪の神様ですね! そんな水木しげるさんが亡くなってから一年という事で開催されたこの展示ですが、水木しげるさんの漫画のいちファンとしては行かない訳にいかないですね!




20170316214828c46.jpg


展示会場ではカメラ禁止でしたが、これだけは撮影OKでした。







展示では水木先生の幼少時の貴重な絵や絵本から、『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』等の大ヒット漫画の原画や、未公開の漫画や日記などの貴重な文献に触れることもできてファン的には嬉しかった! 若いころに描いたらしい虫を擬人化したようなメルヘンな世界観の絵巻物がとても可愛かったですね~w


それと同時に、ある意味漫画よりも面白い(!)水木先生の壮絶な人生を時系列順に解説・展示してありました。幼少時から天才神童と呼ばれるほど絵の才能があり、絵の道を志すものの、時代の戦争により召集された戦地で仲間は殆ど戦死、自身も爆弾で片腕を失い生死の境を彷徨うというまさに『この世の地獄』を体験し、戦後には毎日の食べものにすら困窮するほどの極貧生活を続けながら、それでもずっと片腕で漫画を描き続けていたというのが……もう、壮絶な人生すぎて言葉を失います。まさに、命の全てを賭けて生涯漫画を描き続けていたお方なんですよね……凄まじい。


総員玉砕せよ! (講談社文庫)総員玉砕せよ! (講談社文庫)
水木 しげる

講談社 1995-06-07
売り上げランキング : 4205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そんな悲惨な戦争を経験した水木さんだからこそ描ける、作品の独特な死生観、あの世の世界を覗くようなおどろおどろしさと相反する美しさと和やかさが水木漫画にはあると思います。と同時に、どれだけ平和が尊くて大事なことなのかということを改めて深く考えさせられました。







20170316214941e2f.jpg
パンフレット買いました

20170316215137ddb.jpg


極貧生活の後、ずっと描き続けた漫画の中で『ゲゲゲの鬼太郎』が大ヒットして一躍有名漫画家になっていくんですね!(その分仕事に追われる大変な毎日だったそうですが……;;)



『ゲゲゲの鬼太郎』は私自身も大好きで、私の妖怪好きの原点と言えますね!! 同時にアニメも見てたので思い出深いです……
(どうでもいいですが、好きな妖怪は『あかなめ』と『えんらえんら』と『しろうねり』と『べとべとさん』)





ですが……




私はどちらかと言えば『悪魔くん』派なんです!!


2017031621485246d.jpg
お土産で買った悪魔くんグッズ(絵葉書)  かわいい




『ゲゲゲの鬼太郎』と同じように『悪魔くん』も水木先生の漫画の代表作には間違いないのですが、おそらく一般の人からしたらその知名度はだいぶ差があるでしょうねぇ……寂しい。


簡単に書けば、一万年年に1人の天才少年(悪魔くん)が、悪魔と十二使徒の力を借りて、飢えも争いも無い平和な楽園(千年王国)を目指すというお話ですが……実は『悪魔くん』と名の付く水木漫画のキャラは大きく分けて3人存在して、それぞれ全くの別人なんですよね!(松下悪魔くん、山田悪魔くん、埋れ木悪魔くん)




悪魔くん千年王国 (ちくま文庫)悪魔くん千年王国 (ちくま文庫)
水木 しげる

筑摩書房 1988-06
売り上げランキング : 17538

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その中でも、一番初期の悪魔くん(通称:松下悪魔くん)は、世の中の不条理に対する怒りを作品から強く感じると言いますか……かなり社会風刺を含んだ内容で凄く面白いです。子供の頃は全く理解できませんでしたが、大人になってから改めて読むと、面白すぎてビックリしましたww 鬼太郎しか知らない人には、是非読んでもらいたいですね!オススメ!  (水木作品では珍しいイケメンキャラの)佐藤にすごく共感してしまった……。






悪魔くん (ちくま文庫)悪魔くん (ちくま文庫)
水木 しげる

筑摩書房 1991-07
売り上げランキング : 12123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


個人的なイチオシは、この悪魔くん(山田真吾くん)なんですけどねw
悪魔メフィストを(笛の力で無理やり)使役しながら悪魔と戦うというわりかし分かりやすいお話だったので、子供の頃から好きでしたw 大人になってから改めてみると、メフィストと山田君とのやりとりが可愛くて笑えるw




(*ファンメイドの凄い動画をついでに紹介*)




かわいい











(深く語りだすと止まらないので)話を戻しますが、展示会場では水木先生の妖怪画なども大きなイラストで飾ってあったので、改めてじっくりと見て回れました。
水木さんの漫画はキャラやストーリーが面白いのは勿論ですが、絵がまさに妖怪じみて上手いですよね! 繊細で細やかな妖しい魅力を持つ背景に、単純な線で描かれたキャラクターが映えて……見てるだけでその不可思議な世界に吸い込まれそうなほどです。一コマ一コマがまさに芸術。

そんな漫画が出来るまでの制作過程も再現して解説してあったので、ファンには嬉しいですね! 長年使い込まれて物凄く年期の入った牛乳瓶の絵の具入れが印象的でした。








つい、半分以上悪魔くんについて語ってしまってグダグダになりましたが、全体の感想としては行って良かったですね!!
水木しげる先生のファンは勿論、ほとんど知らないという方でも楽しめる展示会だと思いました。個人的には、純粋にファンとして、久々に水木ワールドを堪能できて楽しかったです♪ 

水木先生が亡くなられた時は結構ショックを受けたものですが……これからもこうして私たちの心の中に永遠に生き続けてるんだぁと、素晴らしい作品を描き続けてくれたことに改めて感謝。こうした催し物はこれからもどんどん積極的に行ってほしいですね! ついでにまた水木しげるロードにも行きたくなりました!



















***


まったくもって関係ない話ですが、この展示会を見た後とある喫茶店にて『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』を(スイッチが売り切れて買えなかった)友達と一緒に3時間程遊んでましたw プレイングが自分とは違うので、やっぱり面白かったですね~w据え置き機を持ち運べると思うとやっぱりスイッチはすごい!





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

夜珠ルミナ

Author:夜珠ルミナ
ここ数年ゲーム熱が高まってる、ただのゲーム好き。

主に、好きなゲームの紹介、プレイ記等々。
基本的に、自分用の記録メモです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR